車両リース

コストダウンのご提案

車両リースはこんなメリットがあります!

1.導入にあたり、まとまった資金調達は不要です。
毎月一定のリース料だけで済み、資金の効率的な運用が可能です。
銀行などの金融機関借入枠を温存できます。
2.合理的な経費処理が可能です。
車両代だけでなく、諸費用、メンテナンス費用なども含むリース料全額が必要経費として損金処理できます。
維持管理費も含めた車両コストが明確になります。
※ファイナンスリースの場合は維持管理費はお客様負担となります。
3.各種事務業務や経理管理業務を軽減します。
所有時に必要な減価償却の計算や固定資産税の申告納付、自動車諸税の納付、保険契約などの煩雑な処理が不要になります。
4.車両の維持管理業務を軽減します。
車検、法定点検、消耗部品の交換、オイル交換、タイヤ交換などの手続きが不要になります。
5.常に整備された車両を利用できます。
各種メンテナンス手続きの煩わしさから解放されます。
万一のトラブルを事前に防止し、安全作業確保に役立ちます。
6.車両の代替えが行いやすくなります。
一定期間のリース契約終了後には、ニーズに合わせた新車リース契約への変更も容易となります。
ご希望の車種をご用意します。もちろん架装部などの各種オプション選択も可能です。
車両の老朽化に伴うメンテナンスコスト増加や、作業効率悪化のリスクを回避できます。

メンテナンスリースとファイナンスリース

メンテナンスリースオススメ
車両代、登録諸費用、税金、保険の他に車両の維持管理に関する費用(法定点検、継続車検、消耗部品、交換など)が料金に含まれるリースです。
ファイナンスリース
車両代、登録諸費用、税金、保険料などは含まれますが、車両の維持管理に関する費用は料金に含まれないリースです。

PAGE TOP