三菱商事のグループ企業です。
STORY 02

プライベートの充実が仕事への活力

新生 創 2018年4月新卒入社 国立府中営業所:整備

整備でも提案
キーワードは「全員営業」

技術サービスの部門で、商品の点検や修理、メンテナンスなどの整備業務を担当しています。お客様から返却された商品について、慎重に整備を行って次のレンタルに備えるのが役割。また、お客様とコミュニケーションを取りながら、ご要望に合った商品を提案することもあります。当社は「全員営業」というスローガンのもと、整備担当もお客様と接する機会が多いのが特徴なのです。私の場合、学生時代に接客の伴うアルバイトなどをしたことがなく、うまくできるかどうか自信がありませんでした。

先輩だけでなく
お客様からも仕事を教わる

整備職に配属になったあと、お客様対応がいちばん不安でした。でも、実際に仕事をしていくと、主なお客様である土木建築の職人さんはいい人ばかりで、こちらの未熟な点も進んで助けてくださいます。先輩や上司もお客様対応のフォローをしてくれるので、心強く思いながら仕事を覚えていくことができました。整備の仕事は、点検や修理のために機械をばらし、必要な作業を行って元のカタチに戻すもの。もともと機械が好きなので、その過程はやっぱりおもしろいですね。

仕事のやりがいとともに
プライベートも充実

先日、お客様が自分で機械を車に積んで営業所に来られて、「ちょっと調子がおかしいので見てくれない?」と頼まれたことがありました。その場ですぐに修理にあたり、15分くらいで直して「ありがとう!」と感謝されたときは、こちらもうれしくなりました。
そうした仕事のやりがいとともに、今はプライベートの時間もしっかり持てているので、毎日が楽しいです。私は就活時の会社選びで、オン・オフの切り替えができる環境であることを重視していました。その点、当社の定時は17時半で、ほぼ残業はなく、毎日18時頃には退社できます。

家賃自己負担1割
充実の福利厚生

退社後は自分の趣味などの時間に充てることができるので、逆に仕事へのモチベーションも上がっていますね。そして、福利厚生の面でも住まいのバックアップ制度は素晴らしいです。自分で住まいを探して、家賃の自己負担は1割だけという秀逸さ。ちなみに私は1LDKで8万円のところに住んでいますが、家賃負担は8,000円。おかげで毎月の生活費がけっこう浮いて、クルマも購入することができました。クルマももともと機械いじりが好きなので、本当に嬉しい。今は、この生活を大事にしながら、整備の仕事をもっともっと極めていきたいですね。

「世界に一つだけの機械」を創りたいという思いがあるので、その実現に向かって、整備担当としてのスキルをさらに高め、将来的にはもともと志望している開発部に進んで、商品の自社開発を手掛けていきたいです。