情報化施工

情報化施工

情報化施工とは?

建設事業の調査、設計、施工、監督・検査、維持管理という建設生産プロセスのうち「施工」に注目して、ICTの活用により各プロセスから得られる電子情報を活用して高効率・高精度な施工を実現し、さらに施工で得られる電子情報を他のプロセスに活用することによって、建設生産プロセス全体における生産性の向上や品質の確保を図ることを目的としたシステムです。

情報化施工の標準化スタート!!(2008年7月31日)

-- 情報化施工推進戦略 --
国交省がロードマップを発表しました。

PDF

情報化施工一部実用化に向けて(2010年8月2日)

平成25年度には一般化されます

情報化施工技術の一般化・実用化の推進について
※国土交通省の通達より抜粋
第1 一般化・実用化を推進する情報化施工技術
これまでの情報化施工に関する試験施工の実績や技術の普及状況等を踏まえ、既に技術的に確立し平成25年度の一般化に向けて普及措置を講じる技術と、引き続き実用化に向けて検討を行う技術は、以下のとおりとする。ただし、その他の情報化施工技術についても本省と協議の上、実用化の推進を図る必要があると判断された技術については、積極的に実用化の推進を図るものとする。
1−1 平成25年度に一般化する情報化施工技術
【施工管理において活用する技術】
① トータルステーション(以下、「TS」という。)による出来形管理技術「トータルステーションを用いた出来形管理の監督・検査要領(案)」に対応できるTSが対象。
【施工において活用する技術】
② マシンコントロール(モータグレーダ)技術 TSや衛星測位システム(以下、「GNSS」という。)、もしくは回転レーザを用いて、排土板の位置・標高をリアルタイムに取得し、3次元データとの差分に基づき、排土板を制御するシステムを有するモータグレーダが対象。

情報化施工 主力4工法

試験施工で取組む工法とは?
技術提案する工法とは?

A
ブルドーザや油圧ショベル等のマシンガイダンス技術
B
グレーダやブルドーザ等のマシンコントロール技術(敷均し)
C
TS・GNSSを用いた出来形管理技術(道路土木/河川土木)
D
ローラの軌跡管理による面的な品質管理技術(締固め)
GNSSとセンサ等の組み合わせで建機・作業装置の位置・標高を取得後、設計データとの差分を算出してオペレータに提供する技術。 TS(トータルステーション)やGNSS、もしくは回転レーザを用いて、建設機械の作業装置の位置・標高をリアルタイムに取得し、設データとの差分に基づき制御データを生成し、作業装置を制御。 TSやGNSSで取得された位置および位置群を、出来形値(基準高、長さ、幅)等に抽出・変換するとともに、設計データとの差分を算出・提供。 GNSSやTSで建機の位置を取得し、平面上に設けたメッシュ毎に締め固め回数をカウントし、試験施工で確認した規定回数との差を、オペレータに提供する技術。

◆レンタルのニッケンがご提案する情報化施工商品

盛土締固(転圧)システム






転圧ソフト画面


キャビン環境
システム特徴
・転圧回数リアルタイム色別表示
・点→面的管理
・過転圧の防止
・マニュアル案に準拠した帳票出力
3つの方式
・自動追尾TS方式
・GNSS−RTK方式
・GNSS−VRS方式

※TS・GPSを用いた盛土の締固め情報化施工管理要領(案)に準拠

3D-MC/GPSブル敷均しシステム






操作画面


3次元データ作成

システム特徴
・作業効率と精度の向上
・工時間の短縮
・環境負荷軽減の効果
・丁張作業の大幅軽減
・夜間作業も可能

◆狭小現場へのNETIS商品のご紹介

簡易式盛土締固(転圧)管理システム 転圧マスター








タッチパネル操作盤


狭小な施工現場に
システム特徴
・狭小な施工現場に最適な技術
・安価な料金で、簡単な使用方法
・通過回数を自動計測して表示板に表示

※TS・GPSを用いた盛土の締固め情報化施工管理要領(案)に準拠

◆ 本システムについてのお問い合せは・・・ ◆

広域営業部 土木チーム
担当:夏樹(なつき),測位(そくい)
TEL:03-5512-8323

PAGE TOP